前へ
次へ

着実な暗記にするなら睡眠の確保も大切に

入試だけではなく日頃の学校での試験や資格取得を目指しての勉強をする際にも、学生時代だけではなく大人になってからも、暗記を必要とするシーンは多くあります。
覚えるのが苦手な人も少なくはありませんが、試験前で一生懸命勉強をするのは良いものの、睡眠時間を削るのは良い対策とは言えません。
1日に24時間は誰もが平等に与えられているものの、試験前の勉強は追い込みですから、眠い目をこすって机に向き合いがちです。
しっかりと学習をすることは大切なものの、睡魔と闘いながら明け方まで勉強をしたり、一睡もすることなく朝を迎えるようではいけません。
徹夜をして単語などを覚えようと頑張ってみても、睡眠が足りなければしっかりと覚えることはできないためです。
健康や美容のためにも質の良い睡眠が必要と言われますが、効率的な勉強をするためにも欠かせません。
夜の時間を有効活用するなら、ある程度の時間まで勉強をしたら、なるべくその日のうちには眠るようにします。
不思議なことに眠った方が、暗記をすることができるからです。

Page Top